寒い!ぐらい!

JUGEMテーマ:羊毛フェルト

おはようございます。

寒いくらいの朝、散歩のとき、一枚上着が欲しいくらいの気温になってきました。

 

昨日は、可愛い石たちをいくつか出品して、

レジンで作ったものも4つほど・・・出品するようにピアスに仕立てたのですが、どうも写真に上手く撮れなくて、

これはボツだな、というわけで、自分用になりました。

作品自体は十分、可愛くできていると思うのですが、写真にとるとどうも平坦です。

練習あるのみ、ですね。

 

さて、昨日は本当に久しぶりに、次男とインラインスケート、してきました。

梅雨時は土日にしっかり降って、梅雨が明けたら暑すぎて、実に2か月ぶりぐらい!

きちんと滑れるかどうか不安だったけど、体は覚えていてくれて、楽しかったです♪

車輪に乗って走るのって、自転車とはまた違う感じ。

楽しいです♪

 

お昼は主人がそうめんを作ってくれて・・・。

あ、朝も主人がおそばを作ってくれたのだった。

 

こうしてしみじみ、私って、つくづくラッキーだなと感じます。

 

作品を作ったり、趣味をすることを、応援してくれる家族がいて。

 

私は、家族に、何を返せてるんだろう。

 

・・・とりあえず、今日のお昼はささみカツと、筑前煮です(そういうお返しじゃないか)。

・・・とりあえず、今日からまたお仕事頑張ります(労働してお返し)。

 

ぱっと、お返しって、思い浮かばないんだけど、とりあえず、幸せです。

ありがとう。

神様、ありがとう。

 

そして、

昨日、higumaさんの通信講座、第一回目、エゾリスのブローチ、完成しました!

 

yucoco cafeさんの作り方とはまた微妙に違ってて、勉強になりました。

 

じゃ〜ん、

 

可愛くできた!・・と思う!

 

 

羊毛フェルト・・・犬毛編?

JUGEMテーマ:羊毛フェルト

おはようございます。

 

もうすっかり秋めいてきました。

今年は夏が本当に短かったですね。

まだこれからも日中暑い日はあるだろうけど、夏とは違う暑さだから。

「あ〜、もう、早く秋来ないかな〜、」なんて思って、ごめんね。

という気持ちです。

 

さて、我が家のファッショニスタ、クロは、数日前から抜け毛がはじまりました。

「もしかして、これからさらに夏毛?」と思っていたのですが、どうやらもう秋冬物に変えようとしているらしいことに、おととい、気づきました。

我が家ではみんな、まだ夏の服をきているというのに、さすが、未婚の若い女性は違います。

 

 

昨日の朝は、この、元「カリスママッサージ師」(嘘)と、弟子(小6)で、30分ほど、リンパマッサージ&ブラッシングを施し、

 

すっかり骨抜きになったクロと、脱ぎ捨てた服の塊です。

 

 

毎日、このぐらい出るのです。

 

甲斐犬って、そうモフモフな犬ではないと思うのですが、このスリムな毛並みのどこにこんなに収納してたの?というぐらい抜けます。

そんなに抜いてはいけないのだろうか・・・・あわわ。

でも、撫でてもフワッふわっと舞うので、朝の掃除前にある程度ブラッシングしてます。

 

この毛の塊をみて思うこと。

私「・・・これで羊毛フェルト人形作れないかな?」

息子「いつでも一緒にいられるね。・・・カツラでもいいかもよ。将来の為に」

 

 

見るたびに毎日思うので、いつか実行するかもしれません。(カツラじゃない方)

 

そういえばずっと昔。

飼っていたヒマラヤン(長毛種)の猫をブラッシングして、抜けた毛の塊をみて、母(元ニットデザイナー)が、

「それで編み物できないかな?」って、つぶやいてたな。

皆考えることは一緒ですか。

(それとも私の血筋だけですか)

羊毛フェルト!

おとといの夜、白熊さんが完成して、昨日、眠る三毛猫さんが完成!

なんか眠るシリーズばっかり作ってるけど、三毛猫さんは確実に上達してるかも・・・?

(予定になかったけど、眠る猫なのに一応自立する。・・・「夢遊病」?)

 

今日は、higumaさんの、テナライ講座第一回目の、「エゾリス」に取り掛かる予定です!

 

 

幸せはありふれた色

JUGEMテーマ:ひとりごと

おはようございます。

今日は一段と、そしてめっきりと、寒いぐらいの朝です。(変な日本語)

 

長男の部活が午後からなので、のんびりまったりの朝を迎えました。

 

我が家にクロがきて、早いものでもう3年半。

我が家の幸せの色を彩ってくれているのは、間違いなくこの子だと思います。

 

犬の一生は短いですね。

クロを連れてきていただいて、クロを初めて見た時、「わわ、猫みたい!」って思ったのを覚えています。

 

作出された犬舎の方が、帰られるとき、クロは、まるで自分が、「ここ」に置いて行かれるのだということを、わかっているような様子で、不安そうに、神妙な面持ちで、じっと、していました。

 

さっきまで、犬舎の方が座って見えた足元で、残り香に鼻をうずめて、蹲る姿を、写真に収めて、

「この姿を一生わすれないようにしよう。」

と思いました。

 

朝、起きた時、仕事から、帰るとき、夜、眠るとき、

いつでも、いつまでも、ずっと一緒にいたいと思うけれど、

そう思うのは、いつか別れの時がくるのを知っているから。

 

過去に、(猫だけど)何度か置いていかれて、死体を抱きながら、おんおん泣いた記憶があるから。

 

でもクロは、そんなこと一切考えずに、いつも今だけど見て、「今、この時」の愛情をたっぷり注いでくれる。

 

見習いたいです。

 

大切なのは、今、だから。

 

 

この前、プールに行くとき、

「アタシもプールへ行くわんよ〜♪」とかいいながら、次男が寝そべるクロにいたずらしていました。

クロは泳げますが、水に濡れるのを極端に嫌うので、プールなんてもってのほかでしょうね。

 

今日の成果♪

JUGEMテーマ:ピアス

 

結局、次男坊とのランチデートは流れ・・・。

でも、午前中いっぱい、私はモノづくり、息子は溜まっていた勉強をやりつつ、

ゲームとの付き合い方や、友達とゲームの関係など、まったりじっくりと話すことができました。

長男はもう高校生なので、最近はあまりじっくりと話すということをしないですね。

当たり前のようですが、次男が生まれた時にはすでに長男がいたので、次男は長男ほど、親と二人きり、という状況がないのではないかと思います。

お昼は、息子はまだファミレスに未練があるようですが、

とりあえず、息子の唯一の得意料理「スクランブルエッグ」を作ってもらうことにしました。

二人で卵を5個!バターも奮発して、リッチなスクランブルエッグになりました。

 

愛犬のくろと一緒に寝そべりながら、息子のお料理する音を聞くというのは贅沢なものですな。

 

昨日仕事帰りに購入したお勤め品のパンと一緒に、雨音をBGMにしてのランチは、中々なものでした。

 

そう!

そして今日作ったのは、

 

じゃじゃ〜ん、

 

これだけです!

今日のイメージは、花と銀河・・・?え、「花とおぢさん」?

そんなタイトルのコーナーあったな、昔。

 

あ、今夜はしろくまさんが完成しそうです。

これこそ、当初の予定から大きく外れて、おぢさんになりました。

 

 

ふぅぅぅぅ〜、

JUGEMテーマ:ピアス

 

ちょっと休憩です〜。

今朝は、ブログを書いてから、もや〜っとして、もそ〜っとして、

もぞもぞっとしてから、おもむろに、ワイヤーでピアスを作り始めました。

窓の外の雨音を聞きながら、次男の、カリカリと言う鉛筆の音を聞きながら、

もくもくと、ワイヤーを石に添わせて曲げていきます。

落ち着きたいとき、ほとんど衝動的に、何かを作り始めます。

祈るように、呼吸するように。

そうすると、形になっていくにつれて、すーっと気持ちが落ち着いてくる。

 

昔、宇野千代さんのエッセイにあったんだったかな?

 

怠け者の手は、悪魔の遊び場。って。

 

あの方ならではの説得力ですが、私も、何か悶々としたときは、掃除したり、何かを片付けたり、疲れたらぽや〜っとして、またごそごそしています。

 

私は、石が好きです。

いわゆる、天然石と呼ばれるものも、また、山や川に転がっている石、それに、山肌にどーん、とあらわれる大岩も、大好き。

和歌山県に、あれ、もう三重県になるのかな。

一枚の大きな岩を祀った海沿いの神社があるんです。

・・・3回ぐらい、訪れたことがあるのに名前が出てこない。

圧倒される勢いと、空気が遮断される感覚、すごくお勧めの神社なのに、お勧めができないもどかしさよ。

 

石を触ってると、落ち着きます。

 

もう、ずーっと、寝てる時もお風呂もいつもつけっぱなしの相棒

ゴムが伸びてきたら、付け替えて、時々傷んできた部分があったら、取り換えて。

 

なんの変哲もない、どこどこ産という、肩書のない、小さめの水晶、と、今のこれは、翡翠、ブルーレースアゲート、あと、大好きな伊勢神宮の、スギのビーズを、この間から足してつけてます。

 

天然石のパワー、というのを、格別信じる方ではないのだけれど、

水晶は、見ていると心がすっと、澄んでいくような気がして、ざわついたときに、じーっと、凝視してます。

(その行為がすでに怪しい。)

 

本当は、今日、ランチに出かけるつもりだったけれど、おうちに籠って、ピアス作って、出品してます。

 

ギャラリー見たら、「ただ、丸いものが好きな人」のようになってて、びっくり。

いや、丸いものは好きです。

 

でもどこへも行かず、ちゃんと次男とお話ができて、嬉しい。

(いつの辺からか、いつもお説教になってしまう、悪い癖。)

 

悩んでいても、悶々としていても、やっぱり今日も、幸せです♪

愛と言う名の神様に。

JUGEMテーマ:ひとりごと

 

 

「神と言う名は無意味 世界にとって 本当の神は 愛なのだ」(アパッチ族の格言より)

 

おはようございます。

 

私は昔、小学校に上がる少し前の事ですが、ノラ猫に餌をあげていました。

灰色がかった黒い猫で、艶のない鳥の羽毛のような毛色。目は緑から金色。おとなしく、控えめな子猫で「ミーニャ」という名前をつけて。

私が可愛がっていた野良猫の、お腹に寄生虫がいるのではないかと思った大人が、虫下しを飲ませて、それが原因で亡くなってしまいました。苦しそうに、沢山の虫を吐いて。

私はつらくて、つらくて、ミーニャを埋めた土の傍に石を置いて、その石の下に、覚えたての字で

「みーにゃへ」という書き出しで始まる手紙を毎日書いて、置きました。

いつか手紙はなくなっているので、私は、きっとミーニャに届いているのだと、思っていました。

 

多分、このブログは、それに近い

「神様、あのね。」なんだと思います。

 

昨日、些細なことですが、私にはとてもショックなことがあって、落ち込んでいます。

なのにそんな朝に限って、とんでもなく素晴らしいカードが出るタロット。

 

ショックなことって、とんでもなくどうでもいい話なのですが、「神様、あのね」に書きます。

 

うちはゲーム禁止なのですが、今年の夏休み、次男がずっとそのために貯めていた2万円を握りしめて、

私たちを説得し、任天堂のスイッチを購入しました。

約束は一日1時間、ソフトはしばらくマインクラフトのみ。

案の定というか、約束はすぐに破られ、大目玉をくらい、「みまもりアプリ」の力を借りることに。

一日一時間、それをすぎたらスイッチを壊すぞ。という約束で。

 

結局、みまもり設定って、4桁の暗証番号で簡単に外せるんですね。

 

実は今日は私お休みを取って、次男とランチデートの予定でした。

次男はファミレスに行ったことがなく、憧れていたので。

それで昨夜、

「ちゃんと毎日、ゲームは1時間?」

と聞いたら、

「うん!」

と勢いよく笑顔で返事をしたので安心して、それでも一応、アプリで時間を確認しました。

 

そしたらなんと、

遊んでいる時間は毎日55分・・・でも、見守り設定解除の時間がなんと・・・昨日は6時間55分!

その前は4時間55分、その前は2時間30分と、どんどん増えて行ってるんです。

 

「暗証番号は?」ときいたら、

4桁なので、とにかく数字を打ち込んでいって、見つけた。とのこと。

 

愕然として、その後、滔滔と、お説教です。

 

一晩、経って、目が覚めて最初に思った事は、

「今の子たちって、かわいそうだなあ。」と言うこと。

(ゲーム業界に関係している方、多いですよね、ごめんなさい。)

 

でも、ゲームって、凄い魔力ですよ。子供が自分の力で抗うのは難しいんじゃないでしょうか。

うちは共働きで、夏休みは子供が一人になる時間が多いです。

友達もみんな持ってるゲーム。

上の子は私に似て、ちょっと変わったところがあって、友達いなかったし、ゲームも欲しがらなかったですけど。

下の子は、かなり社交的なタイプ。

 

ゲームのような刺激を受けると、脳は、日常をつまらなく感じてしまうのでしょうか。

どうりで、最近、一緒に作っていた羊毛フェルトも折り紙も、消しゴムはんこも進んでいないわけだ。

地味に、手で、コツコツ作るなんて、地味ですよね。

 

でもこんな小さな子が、抗えなくて、でも親には悪く思われたくなくて、こっそりみまもり設定外して、なんとか取り繕おうと笑顔で、うそをついて・・・。

昨夜、

「バレて良かったね。つらかったでしょう。」

と言ったら、顔をぼんぼんにして泣きながら頷いてました。

 

私、脳みそが軽いせいか、あまり悩まないんですが。

愛する人の事は、悩みますね。

今朝も、眠る次男の顔を見ながら、この小さな体で、中毒症と戦っていたことを想うと、涙が出ます。

 

神様の名は、愛ですね。

さて、ゲームを取り上げるべきか、もう少し見守るべきか、それとももう、好きなだけゲームをさせてあげるか。

どれが愛の取る行動でしょう。

 

とりあえず、今日のランチデートはお流れになりました。

 

時折凄い雨が降っています。

今日の散歩は中止ですね。

 

おまけの写真、

私の、小さなお祈りスペースに飾ってあるものの一部です。

・minnneのtobiusagiさんにもらった可愛いポストカード。

・おくりものの、ティンカーベルの置物(モノづくり頑張ってね!だって♡うれしい♡)

・翡翠のブレスレット

・おくりものの、水晶のクラスター2個

・次男と高山で見つけた、超かわいいキツネの羊毛フェルト

(次男はナマケモノを購入、超かわいい♡)

・最近作った、フェルトの白熊さん。

・フェリシモでコツコツ作った、ちいさなてまり。

 

えへへ。

以上、どうでもいい長い話でした。

 

過去を水に流すのに必要な水の量

JUGEMテーマ:ひとりごと

 

おはようございます。

 

過去を水に流すことができるとして、

「必要な水の量」ってどれぐらいでしょう。

 

人によって、出来事の種類によって違うのでしょうか。

 

私が所属していたマッサージの団体では、最初のころ、前世療法を前面に押し出していましたが、

あまりに過去に捕らわれる人が多いため、必要と思われるときだけ、そんな話をするようにしていました。

 

「過去に捕らわれる」形はいろいろありますね。

それが、現世の事でも、前世の事でも。

 

「過去にこんな仕打ちをうけたから、私はこうなった。」

「まわりがこうだから、私はこうだ。」

 

あるいは、

「過去にこんなことをしてしまった。」

 

後悔も、言い方を変えれば、「反省」・・・まるで美徳のように聞こえますが、

過去に捕らわれている、という点では同じです。

虐待も、暴力も、同じかもしれません。

過去に何度も同じことを繰り返し、そのたびにひどく反省する。

それは「反省」ではなく、過去に捕らわれることによって、今から目を逸らす、自分を正当化するための言い訳にすぎません。

 

今、こうしてブログを書いている「時」も、書いているそばから「過去」になっていきます。

 

「前世」も「現世」も、過去は、過去。

捕らわれていては、今を生きることができません。

 

過去にどんな仕打ちを受けたとしても、過去にどんなことをしてしまったとしても。

「現在」の自分の状態を決めるのは「自分」です。

 

過去は水では流れません。

「時間」という水でも同じこと。

流すのは、自分自身の決意と意思です。

 

「過去から解放される」と、自分自身に宣言しましょう。

法的に、罪を問われるようなものはまた別次元でしょうけど。

それ以外のよしなしごとは全てもう、宇宙と神様に丸投げしてしまいましょう。

「神様、お願いします!」

 

・・・とりとめのない内容になりました。

多分過去に一番捕らわれているのは私自身でしょうね。

ぼんやりとするまま書いたらこうなりました。

本当にひとりごとです。

 

さてお散歩の時間です。

昔は私一人で行っていたお散歩、そのうち主人が加わって、次男が加わると、もう3人揃わないとお散歩に行かない犬になりました。

もしかして、「みんなを連れて行くのは私のお仕事」とか思ってるんではないでしょうか?

そんな気配です。

今日は甲子園の決勝ですね。

わくわく♪

 

夢で逢えたら

と、思う人、いますか?

私は非常なおじいちゃんっ子なので、祖父に、会えると嬉しいです。

 

特に母方の祖父。

 

19歳のころ、ほんの一時二人で暮らして、23歳の時に他界した祖父。

 

一緒に、晩酌をしながら、

中日ドラゴンズの試合を見て、「VTRだよ。」っていうのに、大豊のHRが流れるたびに、

「おおっ、すごいな、大豊またHRか。今日何本目だ?」って、喜ぶ祖父。

(それで言ったらもう、今日7本目ぐらいだよ。)

 

結婚してから間もなくほとんど病院で過ごすことになった病弱な祖母。

3人の子育てと仕事、家事で大変だっただろうに、

「いい女と結婚したなあ、」って、死後20年たっても惚気る祖父。

 

二人で初めてみる筍の未処理の物に驚いて、初めて出来た椎茸に喜んで踊って。

詩吟をしたり、七宝焼きを作ったり、亡くなる直前まで、新しいことに挑戦していた祖父。

 

その後私も結婚して、

一度、とてもリアルに夢に出てきてくれました。

「お前はもう、大丈夫だ。」

って言ってくれた笑顔を、覚えています。

 

皆さんは、夢で逢いたい人、いますか?

 

もうお盆は過ぎたけれど、秋の気配を感じると、彼岸を近くに感じます。

 

夢で逢いたい人のいる私は、幸せですね。

 

2週間ぐらい前に、朝の散歩で、次男と一緒に「綺麗だね」と言った咲いたばかりの紫陽花の花。

所々茶色くなっているけれど、まだまだ綺麗です。

花の命は、意外と長い!

 

さて、今日も張り切って行きましょう!

 

JUGEMテーマ:ひとりごと

 

レイキは、祈り?

さて、今朝も上手くお米が炊けて、おにぎりを作り、お茶も美味しく入りました♪

ありがとうございます♪

 

うちではご飯はご飯鍋で炊いています。

特にこだわりがあるわけではないのですが、たまたま炊飯器が壊れて、たまたまご飯鍋が安くて、炊いてみたら意外と簡単で、家族の評判も良かったから、というきっかけですが、炊飯器は、ありません。

でも火にかけて、お米がシュンシュン言ってる横で、おかずを作るのって、なんか楽しい♪

最初に買ったのは数年前に割れてしまったので、

朝用と、夜用、今は2台体制で使っています。

 

お茶を入れるとき、ごく簡単に、ですが、自分自身にレイキを流すようにしています。

 

以前に書いたとおり、自分自身にレイキを当てても、体温があったかい、というぐらいで特に何もありません。

 

特に深い意味はなくて、タロットカードをひくのと同じように、何かへのご挨拶、祈りのような時間です。

 

お茶を飲む前に、軽く太陽礼拝もしますが、これも、呼吸に意識して、やっぱり祈りのような感じです。

これは、呼吸と、体へのご挨拶、かな?

 

私にレイキを伝授してくれた先生は、かなり強い力と、また、先生だけの、特殊な力を持っていましたので、具体的に人の症状を癒すことのできる方でした。

だから、そういう風に、治療に役立てるほどの力を持った方も、います。

 

でも、レイキを伝授したからと言って、皆がそういう力を持つわけではないと、思います。

 

レイキの方たちのつながりで、時々、遠隔をすることがあります。

だいたいは、数人のレイキマスターの方たちが、同じ時間にあわせて、遠方の誰かにレイキを送るというもの。

敏感な方だと、流されている部分に、はっきりとした違和感を感じるそうですが、何も感じない方もいる。

何も感じなくて当然じゃ〜ん、って、思いませんか?

私も正直、最初は、この遠隔が苦手でした。

自分の力のなさが露見するようで、試されているようで。

 

でもある方に、遠隔の体験談を聞いて、少し、考えが変わりました。

 

その方は、その時、お母さまが病気で、もう、治る見込みのない状態でした。

それで、せめて安らかにいられるよう、遠隔レイキを依頼されました。

私も、及ばずながら参加したのですが、その時、綺麗な蓮の花を思い浮かべました。

思い浮かんできた、と言う方が正しいのかもしれません。

ふわふわと、楽しく、暖かな気持ちで、ただ、自分が幸せでいること。

 

後日、お母さまは亡くなられたのですが、失ったその方は深い悲しみに沈んで、

真っ暗な中にいる状態でした。

そこへ、白く光る蜘蛛の糸のようなものが、つーっと、渡されてきたそうです。

一本ではなく、何本も、何本も。

それはまるでネットのようになって、ハンモックのように、その人を支えたそうです。

それ以上落ちないように、でも、引き揚げることもせず。

その方はそのまま、白い光を放つハンモックにやさしく揺られながら、思う存分に、大切な人を亡くした喪失感に浸ったそうです。

 

その方が、「レイキは、希望の祈りですね。」と仰ったのです。

 

お母さまは、治ることなく身罷られました。

それでも、誰かが想ってくれているということ。

絶望のさなかにいるとき、好きなだけそこにいられる。でも、誰かが想っていてくれるということ。

 

私には、骨折した部分をレイキで治したり、血を止めたり、体内の悪い部分を取り除いたりすることはできません。

でも、生活を通して、祈りをすることはできます。

 

朝、起きる。ごはんを炊く。お茶を入れる。おにぎりを握る。

ご飯を作る。ご飯を頂く。後片付けをする。体を洗う。

生活は、その気になればすべてが祈りですね。

 

さて、今日もお仕事です♪

そしてめっちゃ祈ります。

ごきげんよう♡

 

今朝、少し雨が残っていたら、もう、「散歩に行かない。」モードのクロです。

足が濡れるのを極端に嫌うのです。

サービスショット(?)

「ここがアタシのお気に入りの寝場所♡」です。

さて!

JUGEMテーマ:ひとりごと

 

今日から、仕事、という方も沢山みえるのではないでしょうか。

うちの主人も今日から。

私は先週の金曜日一度仕事行ってますが、スイッチがなかなか入らなくてだるかったです。

 

でも一日出ると、何となくスイッチが入るというか。

今年のお盆は特にどこへも行かず、家でまったり過ごしました。

沢山、作品を作ることができて、とても満足♪

 

このブログを通して、自分は何をしたいのか、自分自身に、改めて問い直すことができて、それも良かったな、と思います。

 

今朝も涼しいなぁ♪

 

最近はお弁当、傷むので、もっぱらおにぎりです。

今日はおかかと、梅。

朝、おかずをつくるのも好きだけど、おにぎりを握るのって、何気にとても好き。

「ああ、こんなにお米があって、嬉しいなぁ。具まで入れられて、海苔まで巻くことができるなんて。」

って、握る事にぼやっとしながら、そんなことをしみじみ感じてしまう。

握る手の形が、祈りの形に、少し似ているからでしょうか?

 

昔、子供の頃、宇宙というものの存在を知って、なんとなく、人体も宇宙だなあ、と考えたことがあります。

この、宇宙は、大きいようでいて、実はもっともっと大きな人間の、細胞のひとつに過ぎなくて、

そして、私の体にも、何億、何兆という宇宙が存在して、その中の一つ一つ、やっぱり、争いがあったり、するのかな?

 

中学生のころ、だったと思います。

 

それまでお伽話のようなものを書いていたのが、カールセーガンさんなどの、小説に感銘を受けて。

そんなお話を、いくつか書きました。

眠るのも忘れて、書きますね。

勉強しろって、言いたいけど、多分聞かないんだろうな。私。

 

自慢になるかな?中学1年のころは、一応、学年でトップ5には入っていたんですよ?

父が凄く頭良かったらしくて、遺伝?勉強、しなくても普通に良かった。

でも、努力しなくては身にはつかないですね。

私も努力しましたけど、努力の方向が大きく違っていたので。

(ドラムと、小説)

今、ここにいます。

 

あの頃、「勉強全然わからない!」と言っていた、同級生が、コツコツ頑張って、きちんと大学へ行き。

今、どうしてるかな。

 

人は、目指す方向へ、目指す方向を見て、進めば、たどり着きたいところへ行くのでしょうか?

私は、どこを目指すかな?

 

お盆を過ぎると、つい、年末を考えてしまうお年頃です。