CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>
PR
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< 空が好き | main | ペットロスについて >>
虐待4(仮面のはなし)
0

    小学校に入っても、相変わらず友達はできませんでした。
    小学校では同じ幼稚園、保育園同士の友達のグループが出来ていましたし、仲間入りできるような快活さもありません。
    それどころか、話しかけられても、舌がもつれて、上手に話すことが出来ずにいましたから、私は休み時間も、教室の片隅でじっと本を読んでいる生徒でした。
    家に帰れば、猫がいました。
    一緒にご飯を食べて、一緒にお風呂に入り、一緒に寝る。
    夕方は相変わらず、お店の片隅で本を読んだり、絵を描いたりして過ごしましながら、
    店員の女の人の話すのを聞くうち、どんどん、商品に関する知識だけは豊富になっていきました。
     
    やがて、何かを探すお客様を見て、私は接客の真似事をするようになりました。
    店員のお姉さん、或いは母親の真似をして、商品の説明までするようになると、小さな子供の姿にお客様はほっこりするようで、積極的に話しかけてくれるようになりました。
    「店員さんの真似事をすれば人とスムーズに話すことができる。」
     
    私は、「接客」という仮面をひとつ、手に入れたのです。
     
    それから、徐々に、私は変わっていきました。
     
    上得意のお客様が、土日もお店にいて、時々接客をする私を不憫に思って、遊びに連れて行ってくれるようになりました。近場の遊園地とか、動物園など。
    子供のいないご夫婦に連れて行ってもらったこともありますが、一番色々頻繁に連れて行ってくれたのは、
    「仕事が忙しくて、恋人を作る時間もない」という会計士をしている30代半ばの男性で、
    背が高く、まるで棒のようなスタイルでしたから、私は、「オズの魔法使い」のかかしさんみたいだなあ、とひそかに思っていました。
     
    小学生4年生ごろから、店に立つようになった私を見て、父が、いろんな習い事に、私も連れて行ってくれるようになりました。
    父は多趣味な人で、移り気で、私が一緒に行った習い事だけでも
    ゴルフ、ウィンドサーフィン、ヨット、スキー、テニス、フェンシング、ビリヤード、などなど。
    どれも父に連れられていくだけで、興味は持てませんでしたが、乗馬だけはとても気に入って、乗馬クラブに入会して週に1.2回通っていました。
    私が乗馬をすることを知って、その会計士の人は、自分のコネをつかって東京の、オリンピックの馬術の選手に合わせてくれたりして、私にとってやさしい、「あしながおじさん」のような存在でした。
    「仕事が忙しくてお金を使う暇がない」というので、帰りには、毎回、ちょっと子供にはどうかと思うような高価なおみやげ・・・アクセサリーとか、をプレゼントしてくれました。
    帰って、それを見た母が、
    「あの人、私に気があるんだわ。」と言ったのを覚えています。
    「将を射んとすればまず駒から、ってね。」
    「いやらしい、本当に男っていやらしい。」
    人と社交的に話すようになった私に、母も積極的に、自分の内面を吐露するようになってきました。
    自分が、私の父親である男と結婚することになったのは、
    「お前のお父さんにレイプされたからだ。」という告白をうけたのもこのころです。
    「私には、他に結婚を約束した人がいたのに。」と。
    「今でも、その人を愛している。」と。
     
    さて、今日はここまでです。
    台風がどんどん来て、夏ももう終わりですね。
     
    涼しくなると、嬉しいけど、
    私、お客様にお茶をお出しする時の、からんからん、という氷の音が好きなんです。
     またしばらく聞けなくなると思うと、ちょっと寂しいですね。
    氷にできる、虹を見るのも大好きです♪
    | 虐待について | 05:55 | comments(0) | - |
    スポンサーサイト
    0
      | - | 05:55 | - | - |
      コメント
      コメントする